寝ない新生児110番

Aツラい時期は添い乳で乗り切ろう

日々続く睡眠不足。

 

ツラい時期を乗り切るためにも、
寝ない子ママにとって「添い乳」は必要不可欠!

 

私自身、睡眠不足地獄を乗り切れたのは、添い乳のおかげ。

 

添い乳を習得できれば、ママの体の負担も激減します。

 

 

 

添い乳の基本姿勢

添い乳のイラスト
■画像引用元:https://wakemo.blog.fc2.com/blog-date-201202.html

 

添い乳の基本姿勢は、上のイラストのように赤ちゃんとママが向かい合って寝ます。

 

下側にくるママの手は頭の下に入れておくとラクです。

 

始めは添い乳の姿勢がきつく感じられるかもしれませんが、
慣れるまでの辛抱です。

 

次第に自分にあった体勢が見つかりますよ。

 

添い乳をするときは、赤ちゃんの「窒息」に注意しましょう

 

おっぱいで赤ちゃんの鼻と口をふさいでしまったり、ママの体が赤ちゃんに覆い被さらないよう注意してください。

 

心配であれば、安心して添い寝できるアイテムを使いましょう。

 

【添い寝安心サポート】ファルスカ ベッドインベッド

 

 

 

添い乳をラクにするアイテム

バスタオルのイラスト

私が使っていた添い乳アイテムは、授乳クッションとバスタオル

 

新生児のうちは赤ちゃんの下にバスタオルを敷いて高さを調整したり、
ママの足の間に授乳クッションを挟んだりすると、ラクに感じられます。

 

【3Way】サポート枕付き!授乳クッション

 

 

添い乳は断乳しづらくなる?!

赤ちゃんとママのイラスト

添い乳が否定される時によく言われるのが、
「断乳・卒乳しづらくなる」こと。

 

結論から言えば、その通り!ですが、
断乳・卒乳までの長い道のりの間、私は添い乳にどれだけ助けてもらったか・・

 

寝ない子ママの私の経験から言えば、
添い乳のメリット > 断乳・卒乳しづらいデメリット
でした。

 

寝ない子ママにとって、授乳の間だけでも横になれるというのは
本当に助かります。

 

断乳なんて数日間だけのこと。

 

「今」を乗り切るために、少しでもママが身体を休められるなら、
添い乳大賛成!

 

後のことは心配しなくてヨシ!です。

 

 

 

管理人の紹介


TOP このサイトについて 新生児が寝ない原因 ママの心配ゴト ママの知恵袋